おいしくてお得?水道直結型ウォーターサーバーの秘密

>

水道直結型のメリット・デメリット

水道直結型は種類が豊富?

水道直結型は水道管から直接水を得ているので、水道水補充型の様にタンク設置や水を入れる必要はありません。しかもこのタイプは水道水補充型と違いコンパクトなタイプや、省スペースタイプがあるので自宅の間取りや形式に合わせて設置出来るのは大きな強みです。

フィルターにも種類があるので、自分の好みやスタイルに合わせて飲料水を選べるのも嬉しいポイントです。水道直結型は毎月水(タンク)を購入する必要が無く、サーバーを通しておいしい水に変換してくれるのでランニングコストが発生しないのもメリットです。

長期的に使う場合は、水道水補充型よりも水道直結型がコストは安く使えば使うほど安くなるのも大きな魅力では無いでしょうか。

水道管近くにしか設置出来ない

多くのメリットを抱える水道直結型ですが、水道管から直接水を引いているので水道管近くにしか設置出来ないのがネックです。

水道管近くといえば必然的にキッチン周りになり、どうしても別の場所に設置するのであれば大規模な水道管工事が必要になります。工事に関しても費用が発生するので現実的とはいえません。

水道直結型はランニングコストがありませんが、初期導入費が発生するのでゼロからスタート出来る訳ではありません。タンク型に比べると水の備蓄が出来ない。定期的なフィルター交換の手間がデメリットといえます。

備蓄に関しては自身で気をつけるしかありませんが、フィルター交換については定期購入を行い忘れない様にリマインドしていけば問題ありません。


このコラムをシェアする